お知らせ

1週間から借りられるウィークリーマンションのメリットとは|大阪

2018/05/10

大阪で部屋を借りる場合は、ウィークリーマンションを選択する人が増えています。

1週間単位という短期間で部屋を使うことができるのが特徴ですが、メリットはそれだけではありません。

一般的な賃貸物件とは違い敷金や礼金が不要なことも、ウィークリーマンションのメリットの一つです。

続けて利用する場合でも、更新料などは必要ありません。契約する時に保証人の必要がないことも、ウィークリーマンションのメリットになります。

一般的な賃貸物件のように、保証人を探す手間がかからずすぐに部屋を借りることが可能です。

電気やガスや水道代など、光熱費が不要という点もウィークリーマンションを借りるメリットになります。

インターネットの接続料なども家賃に含まれている場合が多く、少ない費用で部屋を利用することが可能です。

家具やテレビなどの家電製品が部屋に用意されているため、自分で購入する必要がありません。

生活に必要になる物はほとんど揃っているため、着替えなどを準備するだけで生活することが可能です。

部屋を返す時に必要になる退去費用なども、低く抑えることができます。

ウィークリーマンションを借りる場合は、他の賃貸物件よりも初期費用などを低く抑えることが可能です。

1週間単位で契約することが可能などのメリットが多いため、大阪で生活する時に利用する人が増えています。

続きはこちら

安くウィークリーマンションを借りたい!大阪の相場をご紹介

2018/05/03

出張や旅行で大阪に訪れた時、大半の場合がホテルや旅館などの宿泊施設を利用されるかと思われますが、旅費を少しでも節約したいなどの場合は、ウィークリーマンションが便利です。

ウィークリーマンションは1週間単位で借りることが出来る宿泊施設で、一般的には賃貸マンションとホテルなどの中間的な存在です。

賃貸マンションの場合には、敷金や礼金などの初期費用が掛かりますし、部屋の中で必要な家財道具を飼い揃えなければなりません。

ましてや短期間の利用などの場合、賃貸の部屋では無駄な出費になってしまいます。

一方、ホテルの場合は生活に必要なものが室内の揃っている、もしくはコインランドリーなども隣接する場所やホテル内に完備が行われているので生活出需品を用意する必要はありません。

しかし、ホテル暮らしをしていると外食が多くなるなど栄養が偏りやすくなるなど、数時間程度であればまだしも、1週間や2週間などの用に滞在期間が長くなれば食費も多く掛かる、栄養も偏ってしまうなどのデメリットもあります。

その点、ウィークリーマンションは室内に家具や電化製品、調理設備も整っているので、着替えなどだけを用意しておけば部屋の中にある設備で生活が出来ますし、自炊を行えば栄養バランスを考えた食生活が出来る、外食するよりも経済的などのメリットもあります。

大阪には安いウィークリーマンションが多数あるので当サイトで比較するのがお勧めです。

続きはこちら

ウィークリーマンションの活用法!! ウィークリーマンションに最適な人とは!!

2018/04/26

旅行の際にはホテルに泊まることがよくありますが、宿泊施設の中にはウィークリーマンションがあり、こちらを選択した方が良い場面というのが色々とありますので覚えておくと助かることがあります。

ウィークリーマンションがよく利用されるシーンといえば、出張や単身赴任といったビジネスシーンです。

日帰りの出張というのもありますし、複数日に及んでも短期間の出張というのもありますが、1週間以上現地に滞在するとなるとウィークリーマンションを利用した方が何かと便利です。

なぜなら、ウィークリーマンションなら不自由なく生活できる環境が整っているからです。
ビジネスシーン以外でウィークリーマンションを利用するシーンとしては、受験など、泊まり込みがしたい人が挙げられます。プライベートシーンにおいても色々と利用できる場面はあるものです。

一時的に家から離れて暮らしたいという人は、性別や年齢に関係なく色々とあります。
引っ越しなどで一時的に部屋が必要な人がウィークリーマンションを利用するというパターンもあります。

ウィークリーマンションであれば、洗濯機や冷蔵庫やエアコンなどの生活必需品を運び込む必要はありませんし、退去する時にそれらを運び出すといったこともありません。

ですから、非常に使い勝手が良い施設であり、多くの人が活用できます。

続きはこちら

ウィークリーマンションに住んでみたい人必見!! ウィークリーマンションの料金体系とは!!

2018/04/19

ウィークリーマンションは家具などが備え付けられていることが多く、中長期の出張などの際にとても役に立つ物件です。

そのようなウィークリーマンションですが、一度は住んでみたいと興味は持ちながらも詳しいことを知らないので実際に住んだ経験を持っている方は少ないのではないでしょうか。

ウィークリーマンションに住むときにまず注意すべきこととして挙げられるのが、借りる期間で1日当たりの金額が変わることです。

一般的に短い期間借りる場合と比べて、長期間借りる場合のほうが安くなる傾向が強いです。

また、通常の賃貸物件と大きく異なるのが敷金、礼金はないことです。したがって、一定期間借りる場合には敷金、礼金がない分ウィークリーマンションのほうが通常の賃貸物件よりも安く済ませられるケースも考えられます。

なお、ウィークリーマンションでは光熱費や退去時清掃費などがかかる場合もあります。

居住期間が短い場合には光熱費や退去時清掃費などがかかる可能性は低いですが長期間滞在する場合にはこれらの費用がかかる場合があります。

ウィークリーマンションを選ぶときにはアクセスの良さや内装の雰囲気を重視して選びがちですが、コスト面も重視するなら光熱費や退去時清掃費などがかかるかどうかを事前にチェックしておくとお得に住むことができるでしょう。

続きはこちら

ウィークリーマンションに住んでみたい人必見!! ウィークリーマンションの注意点とは!!

2018/04/12

ウィークリーマンションに住んでみたいと思っている人は、色々と事前にチェックしておいた方が良いことがあります。

ホテルに数日宿泊するわけではなく、ある程度の日数滞在して、生活をするといった形になりますから、それ相応のチェックの仕方というのがあります。

例えば、洗濯環境をチェックしておくことは大事です。洗濯機は備わっているのかということと洗濯物を干すことができるスペースがきちんと確保されているかという点を確認しておきたいところです。

ウィークリーマンションの中には、洗濯乾燥機が備わっているところがありますが、室内で洗うことから乾かすこともできて便利です。

ある程度の日数滞在するとなると、色々と物が増えることもあるもので、収納スペースがどの程度あるのかということも確認しておきたいところです。

収納スペースがまともにない場合には、滞在中に部屋がごちゃごちゃしてしまうことがありますので注意が必要です。

そして、意外と忘れがちなのが周辺環境のチェックです。

出張などで滞在して通勤するにあたり、駅までどのぐらいの時間で行けるのかということをチェックするのはよくあることですが、スーパーやドラッグストアなど生活していく上で重要となる施設がどのぐらいの距離にあるのかを調べておくことも大切です。

また、お店の規模もチェックしておくと良いです。

続きはこちら

ウィークリーマンションに住んでみたい人必見!! ウィークリーマンションの契約の流れとは!!

2018/04/05

ウィークリーマンションを利用したいという人の中には、初めて利用する人もいるでしょうが、契約の流れはシンプルでわかりやすいですから、初めての利用であってもスムーズに契約できるものです。

まずは問い合わせをするところから始めますが、メールで問い合わせることができるので便利です。

メールなら24時間いつでも連絡できますから、自分の都合の良いタイミングで連絡できます。

専用フォームが用意されている場合もありますので、スムーズに連絡可能です。

手続きを進めて行くと申込書を記入することになりますが、これはメールやFAXで送ってくれますので便利です。

申込書を送ると確認してもらえて、問題なければ定期借家契約書や注意事項などを送付してもらえます。定期借家契約書を返信して入金の手続きを済ませれば、鍵を受け取れるようになります。

このように、契約書のやり取りをインターネット上で行えるというのが便利なところです。

誰とも会わずに入居できることもありますので、大変便利なシステムだと言えるでしょう。
ちなみに、退去をする時にはスタッフの立ち会いがないというのも注目ポイントです。

ウィークリーマンションは、入居時も退去時も利用のしやすさを感じることができる便利な施設です。

契約や入居や退去に関することは、サイト内に用意されている専用ページで事前に確認しておくことも可能です。

続きはこちら

犬を飼っていて可能なウィークリーマンションはあるか?

2018/03/29

最近はペットブームなどの理由からも賃貸アパートやマンション物件の中にはペット飼育が可能なケース、ペット相談が出来る物件が多くなっています。

ペット飼育とは犬や猫などを飼う事が出来るペットとの暮らしが出来る事を意味しています。

賃貸の部屋では当たり前のようにペット飼育が出来るケースが多くなっていますが、1週間単位で部屋を貸して貰えるウィークリーマンションの中にも犬などのペットと一緒に生活が出来る物件があります。

ウィークリーマンションの大半は1人用物件になりますが、物件の中には2人用やファミリータイプの物件もあります。1週間単位で1か月や2か月だけ利用したい時などに便利です。

また、ウィークリーマンションは部屋の中に生活に必要な家財道具がすべて揃っているため引っ越しをせずに生活をスタート出来ますし、短期間利用であれば着替えなどだけがあれば良いので長期旅行や長期出張の時にも便利です。

部屋で犬などを飼育している人などの場合、出張の時にペットを部屋に置けないなどからもペットホテルを利用するケースもあるかと思われますが、ウィークリーマンションの中でもペット飼育が可能な物件を選べば、出張の時や旅行の時でも安心です。

続きはこちら

1ヶ月程度一人暮らしをする場合、ウィークリーマンションはいくらなのか?in 大阪

2018/03/22

ウィークリーマンションは1ヶ月程度宿泊する場合アパートでは礼金や敷金、仲介手数料などが必要で費用がかさんでしまいます。

ホテルでは予算を大幅にオーバーして、カプセルホテルでは味気なくわびしい感じは否めません。

ウィークリーマンションでは礼金や敷金、仲買手数料が不要で、面倒な保証人も必要ありません。

出張や研修、受験生の宿泊、新築やリフォームの仮住まいに最適な宿泊施設です。

冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの電気製品、食器なども備えられているため体一つで気軽に宿泊できます。

そして費用の部分でも割安で大阪で一人暮らしで1ヶ月宿泊した場合81000円程度で1日2700円で宿泊できます。期間が短い場合でも1週間で19800円で1日当たり3500円程度で宿泊が可能です。

自炊ができるため宿泊期間中の食費も外食をしなくても済み、大幅に費用を削減できます。

電気料や水道料もかからず、郵便物も届きます。駅に近くて通勤や通学に時間がかからない立地で、周辺には商業施設も多く生活する上で不便を感じません。

生活のための必需品をそろえることなく引越しの手間もなく、借りる手続きも簡単で期間が1ヶ月ぐらいであれば最適な宿泊施設です。1

続きはこちら

ウィークリーマンションに一週間くらい滞在予定!最初の手続きに必要なものは何か?

2018/03/15

ウィークリーマンションに一週間ぐらい滞在する予定の時には、まず最初の手続きとして申込書を作成する必要があります。

そして、それを送っていただきますが身分証明書も同時に用意していただく必要がございます。この書類をもとに簡単な審査を行います。

予約が確定しましたら請求書をお送りしますので、契約金額を振り込んでいただきます。保証金を用意する必要はございませんし、敷金と礼金の発生もありません。

支払いはクレジットカードで行うこともできますのでカードを用意しておくのも良いでしょう。

ちなみに、消耗品に関しては数日分の用意があります。ですから、ウィークリーマンションの滞在期間が一週間ぐらいということであれば何でもかんでも用意してから入居するといった必要はございません。

トイレットペーパーやボディシャンプー、その他調理グッズなども色々とそろっていますのでスムーズに入居可能です。

外国人の方がウィークリーマンションを利用される場合は、手続きの際に日本国発行の外国人登録証をご用意ください。もしお持ちでない場合には、日本国籍をお持ちの方に代理で契約していただく方法もあります。

ただし、日本語をお話しいただけない場合、通訳者が必要となりますのでご注意ください。

続きはこちら

二人用のウィークリーマンションってありますか?

2018/03/08

ウィークリーマンションを利用する人の多くが単身赴任や長期出張などになるため、大半の物件はワンルームや1DKもしくは1LDKなどの間取りになります。

観光スポットなどにあるウィークリーマンションなどの場合は、出張などのビジネス目的ではなく旅行などの目的で利用する人も少なくありません。

一人旅をする人の中には旅費を節約する目的でホテルやビジネスホテルではなくウィークリーマンションを利用し、観光拠点とする人も多くいます。

ウィークリーマンションの場合は、借りた時点で生活に必要な家具や家電品、さらに調理設備も整っているため食費の節約にもなるなど、旅費全体の節約をしたい人々からの注目を集めているわけです。

一見、一人暮らし用の物件などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、カップルなどが利用可能な二人用の物件も多くあります。

基本的には一人用として用意が行われているウィークリーマンションではありますが、相談に応じて二人用として利用も可能です。

但し、二人用として物件情報が公開してあるケースは少なく、二人でも利用が出来るなどの用に表示が行われているので、二人で利用したい人などは物件を管理している会社に相談するのがお勧めです。

続きはこちら


TOP