防音性能の高いマンションを見抜く方法

2016/07/19

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

隣や上下の住人の生活音は、時に騒音だと感じたりストレスやトラブルの原因にもなりかねないものです。

周りの生活音や周辺環境によっては交通などによる騒音の影響を受ける物件がありますが。

このようなデメリットは避けたいと考え、鉄筋コンクリートで建てられた物件にこだわる方もいらっしゃるでしょう。

鉄筋コンクリートによって建てられた住宅では、壁が鉄筋の入ったコンクリートでできているため、防音性に優れていることが多いです。

そのため、防音対策としては良い選択だと言えます。

photo

一方、似た名前に鉄骨マンションがありますが、鉄骨マンションは防音性には期待できないものです。

これは鉄筋コンクリートのように壁に鉄筋が入っていないなど、構造が異なるのです。

より高い防音対策をするのであれば、最上階で角部屋を選択すると他の部屋の影響を受けにくいのです。

しかしながら、家賃が高くなると同時に、寒冷地では外気にさらされる角部屋では寒さ対策という部分ではデメリットとなります。

自宅はリラックスできる空間であることが重要ですから、自分の生活にとって譲れない条件をクリアした物件選びをしたいものですね。

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]


TOP