敷金・礼金って必要なの?

2017/01/04

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

rp_photo-4-e1463657719271.jpg賃貸物件を借りる場合には初期費用として敷金や礼金、仲介手数料、その他が必要なことがあります。

敷金は前預け金として、もし賃貸期間に家賃の支払いが滞ったときはその滞納家賃の額が、原状回復義務違反があった場合は退室時に室内立ち合いの上、その見積り額をとって原状回復工事に要した費用が敷金の中から差し引かれ、残金が後から退室者の指定の口座に振り込まれるようになっています。

また、礼金というものは戦後焼野原となった東京において経済を立て直すために全国各地から就職や入学で上京する折に東京において部屋を借り、親類の無い不安な中でやっていくのでどうぞよろしく預かって下さい、というお礼のお金として始まったものです。

これらは形式的かつ習慣化したものであることから、現在では礼金、あるいは敷金も不要のところも出てきています。

また、少子高齢化時代を迎え、人口減少も始まりなかなか賃貸物件の借り手を見つけるのも難しくなってきているのが現状です。

これらに対する対策としてさらに仲介手数料を半額にしたり、あるいはこれも無料にするところも出てきています。

ウィークリーマンションの場合は賃貸ではなく宿泊施設ですから、当然これらの敷金や礼金は不要なのです。

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]


TOP